【楽天モバイル】既存ユーザやMNPからも新プランRakuten UN-LIMITの申込み可能に(申込み注意点あり)

みなさま
どうもkem(ケム)です。

楽天モバイルに進展があったということで、
早速記事でみなさまに共有していこうと思います。

今回はRakuten UN-LIMITの申込みの変更内容と注意点を図解していきます。

申込みにおける変更点

先日、新プラン「Rakuten UN-LIMIT」を発表したばかりの楽天モバイルですが、当初は「新規申込みユーザ」を対象に3/3から申し込み受付を開始しており、他社からの乗換え(MNP)と既存ユーザ(楽天モバイル)の受付は4/8から
と発表していました。

これでは、 他社からの乗換え(MNP)と既存ユーザ(楽天モバイル) が先着300万人1年間無料の恩恵を受けられう可能性が著しく低くなってしまう状態にありました。

それをふまえ、3/12になって他社からの乗換え(MNP)と既存ユーザ(楽天モバイル)も前倒して受付を開始しを発表しています。

これにより、先着300万人の1年間無料キャンペーンの恩恵を受けられる可能性が、 他社からの乗換え(MNP)と既存ユーザ(楽天モバイル) も高くなり、チャンスが平等に近い形になったと言えます。

申込みにおける注意点

申込み前に注意点を事前に見ておくと失敗を避けられるかもしれません。
注意点は上記画像の赤文字で書いてある点です。

1つ目が特典の対象ユーザになるのは「楽天会員であること」が、大前提としてあります。申し込みを検討されている方はで楽天会員になっていない方はすぐにでも登録をおすすめします。

楽天モバイル楽天市場への直リンク


次に特典を受けられる対象ですが、申込み時点で、無料対象の300万人に到達していないことが条件になります。増減があると書かれているので、少しでも興味があれば、申込むのが吉かと思います。

次に無料の恩恵を受けられるのは1回線目に契約したものが対象となりますので、焦って新規で申し込んだけど、後で乗換にしたいと思っても、すでに契約をしていた場合、乗換で契約したものは特典の対象外になってしまうので、注意が必要となります。

結局どうするべきか?

今回紹介した注意点をみて、新規で申込んでもよし、乗換えで申込んでもよし、
個人的には楽天モバイルのキャリアがどんなものなのか、サービスが開始していないので、新規で申込むのが良いのではと思っています。特典の対象になれば無料で利用できるわけですし。

乗換で契約してしまうと、自分の思い描いていたモノと違った際に、新たに手続きをする羽目になりえるので、やはり新規申込みをおすすめしておきます。

楽天モバイル楽天市場への直リンク


300万人もあっというまだと思うので、決断は早いうちにしましょう。
今回の記事が、みなさまのスマホライフがお得になる手助けになったのであれば、
幸いです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。