【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMIT:申込前に知っておきたいメリット・デメリット

みなさま
どうもkem(ケム)です。

立て続けに「楽天モバイル」の記事です。
前回の記事は格安SIMとしての「楽天モバイル」についての記事でしたが、
今回は第4のキャリアとしての「楽天モバイル」のプランについてメリット・デメリットを踏まえお話していきます。

ちなみに前回の格安SIMとしての「楽天モバイル」の使用感についての記事を
まだみていない方はこちらもどうぞ

【楽天モバイル】乗換えてよかった?3ヶ月使用レビュー

発表内容について

「楽天モバイル」は2020年3月3日に自社回線のサービスを開始することを発表しました。 実際のサービス開始は2020年4月8日の予定とのこと。
これにより、今までの三大通信キャリア(docomo、au、Softbank)に第4のキャリアとして「楽天モバイル」が加わることになる。

楽天モバイルは後発になるため、強豪の3社から新規顧客を確保しなければ行けないわけだが、新顧客獲得に向けたプラン内容と驚くべき特典を発表している。

新たなプランは「 Rakuten UN-LIMIT 」の1プランのみで、
特典としては、300万名を対象に1年間無料で提供するというものだ。

ちなみに2年目以降は税抜で2,980円となる。また事務手数料が税込で3,300円かかるのだが、同じだけの楽天ポイントにて還元される。


格安SIMと三大通信キャリアの違いについては以前の記事にまとめているので、参考までにどうぞ

【初心者向け】格安SIMに乗換える前に知っておきたいこと

Rakuten UN-LIMIT のメリット・デメリット

楽天が提示している資料を別途まとめたものが下記である。
青線はお得なポイント、赤線は少し注意が必要な点としている。

金額的な点で目を引くポイントとしては「利用料が1年間無料」という点だが、対象者300万人に当選しなければ、この恩恵は受けられない。また、注意書きでは対象者は増減するとの旨も記載されているので、動向は抑えておきたい。
また、事務手数料が楽天ポイントで還元されるため、実質無料になるところも地味に嬉しいポイントである。

次にサービスについて目を引くのは「データ使い放題」「通話かけ放題」という点である。ただ、これも注意点としてデータ通信においては、楽天回線エリアの制限下では通信が使い放題になるが、それ以外では通常の携帯プラン同様にデータ容量を消費する形となる。
特にこの楽天回線エリアというのが、まだ普及できておらず、現在では東名阪を中心にしか広がっていないため、地方ではこの恩恵を受けることはできない。
また、地下などはパートトナーエリアになるため、データ容量を消費することになる。

さらに通話においては「RakutenLink」のアプリを使用しないと電話料金が発生してしまうので注意が必要である。これは格安SIMの楽天モバイルの時と同様である。

その他に知っておきたいポイント

上記でプランについてのメリット・デメリットを紹介したが、その他にも知っておきたいポイントを記述していく。

  1. 無料対象の300万人は必ずしも先着順ではないが、急げ!!
  2. 3月から申込みが可能なのは新規契約者のみ、乗換は4月から
  3. サービス開始時点でiPhoneは利用不可と思っておいたほうがよい
  4. キャリアサービス開始と同時に格安SIMの楽天モバイルの新規受付終了


1年間の無料対象は必ずしも先着ではないが、早めに申し込みをするに越したことはない。※先着ではない意図としては、申し込んだが、契約はしなかたみたいなケースが想定されるため。そのため、新規契約という形になってしまうが、3月に申し込むのがベストだと考える。乗換ユーザは4月8日から申し込みが可能である。

次に利用端末についてだが、iPhoneは利用できないと思っておいたほうがよいです。楽天モバイルの端末ラインアップはすべてAndroid端末なのに加え、通話無料になる「RakutenLink」のアプリはiOSでは提供していないため、現時点でiPhoneを利用しているユーザは端末を新しく買い換える必要がある。

最後に、楽天モバイルが第4のキャリアとしてサービスを開始すると同時に、現在行っている「格安SIM」のサービスの新規受付が終了となる。当面は運用は続けるとのこと。

なくなる前に格安SIMの楽天モバイルを気になっている方はこちらから

楽天モバイル


ちなみに今回の発表を受け、私は早速新規で申し込みをしました。

もし1年間無料になるプログラムに当選したら、現在利用している格安SIMの楽天モバイルとの2枚で運用していこうと思っています。
DSDVの端末にして、都内で通常はキャリア楽天を使い、地方や地下にいったときは格安SIMという切り替えて運用をしていきたいと思っています。

今回のキャリアとしての楽天モバイルメリット・デメリットは参考になりましたか?
少しでも参考になったのであれば幸いです。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。