【初心者】ブログで収益を上げるを目標に

みなさま、はじめまして
kem(ケム)と申します。

2020年の新たな挑戦としてブログをはじめてみようと思います。

「なんで今さらブログ?」と思う方もいるかもしれません。
最近ではyoutubeが賑わっているせいか、ブログ=オワコン(終わった
コンテンツ)とも言われていますが、「Note」や「Brain」なども流行って
いるので、まだまだコンテンツとしてはやれるのかなと思っています。

ブログのメリットと目的

ブログを書く利点は大きく2つあると思っています。

1つ目が「アウトプットによる理解度の向上」につながる点です。
みなさんも学生時代に、誰かに勉強を教えたほうが、自分の理解にもつながった経験があるのではないかと思います。私の場合アウトプットする場所がほとんどないので、ブログとして記事にすることで、理解を深める場にできたらと思っています。

2つ目が「収益化が可能」な点です。
記事のタイトルにもしているように、ブログを書くことで、ブログが資産となり、自分が仕事をしていない間もお金を稼いでくれるようになります。

最終目的としては収益化なので、まずは小額を現金化できるように記事を増やしていこうと思います。そのうち収益結果なんかも公開していけたらと思います。


では、そもそもどうやってブログで収益を上げるのか?ここから先は知らいない人向けに(自分のアウトプットとして)記事にしていこうと思います。

ブログで収益を上げる方法

一言でいうと「広告収入」です。
ブログに広告を貼ってその広告がクリックされたり、商品が売れたら、お金が入って来る仕組みになります。

ちなみにアフェリエイトという言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、
「アフェリエイト≠広告収入」です。
概ね間違いではないですが、厳密には広告収入を得る方法の1つがアフェリエイトになります。

そんな広告収入を得る広告には他にどんな種類があるのか、次にまとめます。

広告の種類とメリット・デメリット

広告の種類は3種類あります。
それぞれの広告のメリットとデメリットは下記になります。

広告収入を始めるにあたっては「成果報酬型(アフェリエイト)広告」が一番導入しやすいのですが、読者が広告をクリックし、商品を購入しないと報酬が発生しないため、収益を上げるには広告選びのセンスと誘導する文章力が必要になります。

次に「クリック型広告」は導入には一定の審査がありますが、掲載される広告は 読者の興味があるものが表示されるため クリックされやすく、またクリックされるだけで収益が見込めるため、成果報酬型広告よりも安定して収益を上げることができます。

最後に 広告収入として一番わかりやすいのが「固定掲載型広告」になります。
雑誌や看板に広告を掲載するように、一定の集客が見込める思われるブログに
広告主が広告を依頼する形のため、ハードルが一番高いです。

収益化と導入難易度の面からみて 「クリック型広告」 が一番良いと思われますので、当面は 「クリック型広告」 の審査を通ることを目標に頑張ってブログを続けて行こうと思います。

手始めに、こんな記事にしてみました。