【pring(プリン)】決済アプリの新常識|使い方や機能を画像解説

みなさま「pring(プリン)」というアプリを知っていますでしょうか?

簡単に送金にかかる手数料が無料で行えるアプリです。

今回はそんな便利なpringについて機能や使い方を紹介していこうと思います。

pringとは?

画像引用元

何ができるの?

お金のコミュニケーションアプリ」がこのpringのコンセプトで、相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりができる送金アプリになります。

基本的に行えることは下記の4つ

  • チャージ/戻す
  • お金をおくる
  • お金をもらう
  • お店ではらう



ざっくりはpring(プリン)を通して下記のことが行なえます。

詳細のやり方については後述します。

pring(プリン) - 送金アプリ
pring(プリン) – 送金アプリ
開発元:pring Inc.
無料
posted withアプリーチ



メリットは?

pringのメリットは下記の4つ

  1. 基本的な機能は手数料無料
  2. 送金は1円単位で行える
  3. クレカ不要の口座連携
  4. チャージ金も銀行への出金が可能



基本的な機能は手数料無料

基本的に手数料は無料が多いですが、銀行によっては月の回数制限等があるので、ご利用の銀行に応じて確認しておきましょう。


送金は1円単位で行える

送金は1円単位で送金が可能なため、割り勘などで金額が細かくなったとしても1円単位で送金することが可能です。


クレカ不要の口座連携

クレジットカードを持っていない方でも口座さえあれば簡単に利用できますし、使いすぎといったこともないので、安全に利用できると思ってよいでしょう。


チャージ金も銀行への出金が可能

ココが他のアプリと違ってすごい部分になります。

その他スマホ決済の場合、基本チャージしたお金は銀行に戻すことはできませんが、pringの場合はそれが可能になります。

また、戻す口座を別の口座に変えることで、手数料無料で銀行間の送金も行うことが可能になります。

デメリットは?

pringのデメリットは下記の3つ

  1. 利用者も使っていないと送金できない
  2. 利用店舗・銀行が少ない
  3. 出金・送金の上限金額あるため高額なやり取りは不可

利用者も使っていないと送金できない

利用者がまだ少ないこともあり、送金する際は相手も利用してもらっていないと送金することができない。


利用店舗・銀行が少ない

連携銀行は43と数を増やしているが、利用可能店舗は他のスマホ決済と比べるとまだまだ少ないため、気軽に買い物ができない。

順次拡大中とのことなので期待したい。
※連携銀行と利用可能店舗の詳細は後述しています。


出金・送金の上限金額あるため高額なやり取りは不可

pringでは1日の送金・出金の金額が決まっています。

注意POINT
  • 送金:10万円 / 1日
  • 出金:10万円 / 1日

上記金額が超えるような送金を行う際は、日を跨いで数回に分けて送金を行う必要があります。

しかし、手数料がかからないので、その分は手間はあってもしかたないかと思います。

どこで使える?

現在利用可の店舗一覧は開示されていないので、お知らせから拾える範囲で拾ったものを記載します。

※他にも利用できるお店は存在するかもしれません。

Pringはお店で使うよりも、送金が便利なため現状は少なくても特に不満はないのですが、今後増えて行けばより使い勝手の良いアプリになるのは間違い無いです。

どこの金融機関が使えるの?

現在連携可能な銀行は下記の43銀行です。
ご自身が利用している銀行があるか確認してみてください。



pringの使い方

Pringの使い方について画像を用いて解説していきます。

  • 登録
  • チャージ
  • つながり追加
  • お金をおくる
  • お金をもらう
  • お店ではらう
  • pringからの出金



登録

ココではpringを使うまでに必要な登録の方法を記載します。

1)アプリ利用登録

アプリを開いたら「初めての方」のボタンを押し、次の画面にて利用規約を確認し、「同意して次へ」を押しましょう。


次の画面では、あなたのニックネームを設定(後からでも変更可能)し、「次へ」を押しましょう。その次の画面ではパスコードを設定しましょう。


設定したら、生体認証の許可もきかれるので「はい」を選択しておくとログイン時に便利です。

次に携帯番号を使ったSMS認証を行うので、お使いの携帯の番号を入れて送信を押しましょう。


SMSから送られてきた番号を入力し、「次へ」を押すとひとまずPringの利用登録は終わりになります。

ただ、機能を利用するには会員登録も必要になるので、後述します。


2)会員登録・銀行情報の連携

ホーム画面の「チャージする」を押し、次に「新規口座の追加」を押します。
銀行口座の連携までがユーザの登録となります。


銀行情報を入力前に会員の情報登録を行います。必須入力事項を入力していきます。


全ての会員の入力が終わったら、「次へ」のボタンを押し、銀行の情報を入力していきます。

銀行ごとに連携の内容がことなるので、詳細は記載しませんが、ご自身の利用する銀行の情報を連携させていきましょう。


チャージする

アプリ内にお金をチャージする方法を記載していきます。

ホーム画面の右下の「チャージする」ボタンを押し、次の画面ではチャージ方法を選択します。今回は先に登録した銀行(口座)からのチャージを選択します。

※もちろんセブンのATMを使った現金からのチャージもおこなえます。


いくらチャージするのかを入力し、「チャージする」を押すとチャージが完了します。またこのとき、手数料について注意事項も小さく書いてあるので、確認しておくと良いでしょう。

チャージがうまく行けば次の画面で金額と、履歴が表示されます。


ホーム画面でも下部にチャージしてある金額がひと目で確認することができます。


つながり追加

つながり追加方法になります。つながり追加しておくことで、スムーズにお金のやり取りができるのでおすすめです。

ホーム画面の「追加」ボタンを押し、つながり追加では様々な方法で追加ができますが、今回はスタンダードな検索による追加の説明になります。

IDか電話番号を選択し、検索欄にIDか番号を入れますて検索します。


検索するとユーザがでてきますので、検索で出てきたユーザを押して、「つながる」を押します。


問題なければ、追加が行われ、ホーム画面でも確認することができます。


ちなみにIDはホーム画面のアイコンを押すと、IDを確認できます。追加してもらう際はIDを相手に伝えましょう。


お金をおくる

ココでは個人間のお金の送金方法について記載します。

ホーム画面で「お金をおくる」を押します。おくる相手が近くに人がいる場合は、「QRでおくる」を押しましょう。


金額を入力し、「お金をおくる」を押すと制限付きのQRが表示されるので、表示されたQRを相手に読み取ってもらうとお金をおくることができます。


近くにおくる相手がいない場合はつながりを利用します。
※追加の方法は前述のつながり追加を確認ください。

つながりを選択し次の画面で金額を入力し、「お金を送る」を押すとお金がおくられます。


お金をもらう

ココでは個人間のお金の送金されたお金の受け取り方について記載します。

ホーム画面で「お金をもらう」を押します。もらう相手が近くに人がいる場合は、「QRでもらう」を押しましょう。



QRの読みリ画面にかわるので、相手の提示したQRを読み取って、お金を受け取りましょう。


また、もらう画面でつながりを選択した場合は、次の画面で金額を入力し、「リクエスト」を押すと相手に支払依頼をおくることもできます。


お店ではらう

ココではpringにある残高での買い物方法について記載していきます。

ホーム画面の「お店ではらう」を押すと、QRとバーコードが表示されるので、それを読み取ってもらうと支払いが行えます。


また、QRをこっちが読み取らないといけない場合は、QRの右下の「QRコードリーダ」を押すことで読み取り画面に切り替わるので、お店のQRを読み取りましょう。


pringからの出金

ココではpringにある残高を銀行口座に戻す方法について記載します。

ホーム画面の「お金をもどす」を押すと、次の画面ではどの口座に移すかの選択画面出てくるので、戻す口座を選択します。

※セブン銀行を使うことでチャージ金を現金に戻すことも可能です。
セブン銀行は1日1回無料で2回目以降は200円になります。


口座を選択したら、戻す金額を入力し、「口座にもどす」を押せば出金完了になります。

※この時に出金のタイミングが記載されているので、確認しておくとよいでしょう。



今回はpringについてと使い方を紹介しました。

せっかくのお金も手数料がとられてしまうのはもったいないので、このアプリをつかって賢くお金の移動をおこなっていきましょう。

みなさんの少しでもお役に立てる情報を提供できたのであれば幸いです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。