【資産管理アプリ】おすすめはコレ!様々なアプリを比較してみて

みなさま、自粛中お家で楽しく過ごしていますでしょうか?

家で過ごす時間が増えたからこそ、支出も増えてしまっている方、収入が落ち込んでいる方がいるかと思います。

そんな時は資産管理で収支の管理をし、何にいくら使ったのかを把握していくことが大切です。

今回はそんな資産管理を簡単にしてくれるアプリのおすすめをご紹介したいと思います。

資産管理アプリとは?

前述したように、資産管理アプリとは自身の資産がいくらあるのかを収支を管理して確認することを目的としたアプリになります。

最近ではクレジットカードやスマホ決済などのキャッシュレス決済が主流になりつつあるので、連携サせることで、入力の手間もなくかなり簡単に管理が行えるようになっています。

そもそもキャッシュレス決済についてよくわからないという方は下記をみてみてください。

【初心者向け】いまさら聞けない!キャッシュレス決済って何?

資産管理アプリの種類

銀行系

銀行のアプリに付随して収支の管理が行なえます。

管理以外の振り込みなどもできるところはメリットになりますが、管理がメインではないので、細かいところに手が届いていないです。

スマホ決済系

スマホアプリに付随して収支の管理が行なえます。

スマホ決済に対応している総合アプリがないので、細かく管理できるという点ではメリットになりますが、スマホ決済を複数使っている場合などには管理が煩雑になってしまいます。

総合アプリ系

資産管理を目的としたアプリです。

資産管理以外の機能はないですが、管理に特化していることから、コチラを使うのが良いかと思います。

資産管理アプリのおすすめは?

LINE家計簿

様々な資産管理アプリを利用してみましたが、1番使いやすかったのが、「LINE家計簿」になります。
※LINEpayに付随している資産管理とは別アプリになります。

おそらく有名なものだと「マネーフォワード」や「Moneytree」、「家計簿Zaim」を目にすることが多いですが、使い勝手を見ると「LINE家計簿」が一番良かったと感じました。

LINE家計簿
LINE家計簿
開発元:LINE Pay Corporation
無料
posted withアプリーチ


良かったポイントを下記にまとめています。

連携が豊富

他のアプリよりも連携出来るモノが多いです。
そのため、より正しく資産を管理することができます。

またLINEが開発したアプリのため、LINEpayだけですが、スマホ決済との連携があるのも嬉しいポイントです。

パッとの見た目で確認が可能

グラフが多くパッと見で収支のプラスマイナスがわかったり、支出の割合で改善項目を確認できてりします。

1画面にグラフが収まっていることもあり、他のアプリよりも見やすいと感じました。

入力が簡単

カテゴリわけも1タップで簡単に入力できますし、レシートのスキャン入力にも対応しているので、めんどくさがりでも簡単に続けられるます。

利用時の注意点

メリットで連携が多いことを上げましたが、逆に連携が多いことで、多重に入力をされてしまうケースがあります。

例えば、Amazonの利用履歴、クレジットカードを登録した場合にどちらもマイナスで表記されてしまうので、2倍の支払いをしたように見えてします。

その場合は、Amazonの利用の連携を切るか、集計対象外にしてしまうと良いです。


今回は資産管理アプリのオススメをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

収支を管理して、賢く自粛期間をすごしましょう。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。